2005年04月10日

持ち物の準備(その他)

昨日に引き続き、持ち物編です。
以下は持ってきた方がいい物をリストアップしています。
(中には殆ど必須のものもありますが・・・)

と・・・以下を読む前に一度コチラのクリックをお願いします。


持ち物リスト(持って来た方がいい物)


■ パソコン
 パソコンはほぼ必須アイテムでしょう。
 ただし、インターネットカフェは何処にでもあるので
 メールチェックぐらいだけならインターネットカフェ
 でも大丈夫かもしれません。

 シドニーであれば、いたる所に日本語が使用可能な
 インターネットカフェがあります。

■ 電子辞書
 電子辞書は現地での生活に欠かせません。
 また、語学学校に通う場合、英和の辞書の使用を禁止
 している場合があったり、今後の勉強の為にも、必ず
 英英がついている辞書にしましょう。
 
 買う際にはポケットに入るぐらいの小型サイズが実用的
 です。大きすぎるとそのうち持ち運びが面倒になります。。
 
 購入の際はビッグカメラなどの量販店や楽天の一覧
 参考にすると安く買えるかと思います。

 また、辞書+英語学習という二つの機能がある
 コチラの辞書も結構人気があるようです。

 自分の辞書にも例文集があるタイプなんですが、これって
 結構役立ったりします。
 
■ デジタルカメラ・デジタルビデオカメラ
 カメラはもちろんですが、デジタルビデオカメラがあると
 後で旅行時のハプニングや、友人の声などが聞けたりと
 海外生活を思い出せるのでベターです。(・∀・)

 管理人はパナソニックのデジタルビデオカメラを購入して
 持ち込みました。小型で持ち運びがしやすく、イベントが
 ある度に撮っています。旅行好きな方は必須。

 買う際には、量販店で人気のある商品や実物を見て、その後
 秋葉原や楽天のショップ で購入すると安くすむと思います。
 管理人もこの方法で量販店で売っていた値段より数万円安く
 買えました。
 
■ 英語の参考書
 文法書や単語集など、こちらで勉強する為の本は必ず数冊
 持ってきましょう。

 渡豪後にアマゾンや紀伊国屋書店などで購入しようとすると、
 送料、手数料などが高くつきます。
 最初にある程度は持ってきておきましょう。

■ 変圧器、変換プラグ
 変圧器は持っていたのですが、オーストラリアは日本と違う
 プラグ形式なので、量販店でプラグ(390円)を
 購入してきました。プラグはこちらでも、購入できますが
 色々な形状に対応している、マルチタイプを買う羽目になる
 ので高くつきます。($20ぐらい)

 なお、パソコンのアダプターなどで、アダプターそのものが
 240Vに対応している場合、変圧器を通すと壊れる場合がある
 ので注意しましょう。確認方法は、アダプターの表面に記載
 があります。
 
 大抵、「100V〜240V」または「100V〜120V」のどちらかが
 書いてあります。「〜240V」なら変圧器は要りません。

■ フォーマルな服装
 こちらで、仕事を探す場合はスーツが必須です。
 また、パーティなどの正装用にもあると便利です。
 
■ 水着
 こちらのサイズが合わない場合があるので、念のため日本から
 持参した方が良いかもしれません。

 なお、管理人は足ひれ・ゴーグルなどを後日送ってもらいました。
 やっぱり海が綺麗なのでこれも必要でしょう。笑
 
■ 耳かき
 こちらでは売っていないと書かれている本が多いですが、
 Sydneyの場合は雑貨屋で購入できます。
 まぁ、探す手間を考えると日本から持ってきた方が楽かもしれ
 ません。

■ 地球の歩き方
 旅行などや街に最初に着いたときには重宝します。

ワーキングホリデーガイド
 現地に入国してから結構役に立ちます。ワーホリで行く場合は 
 是非持って行きましょう。

 なお、持って来なかった場合などは現地の日本人向け
 エージェントや情報センターで大抵無料で読めます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。